お問合せ、ご相談はフリーダイヤル0210-178-435/受付時間 平日9:00~17:30

メールでのお問合せ

お客様ページ・マイページ

2015年版って今までと何が違うの?

お気軽にお問合せください

Webサイトの使い方に関するご質問、ISOの新規取得、認証機関の変更に関するご相談等は

フリーダイヤル:0120-178-435/平日 9:00~17:30(土日祝日を除く)/携帯電話・PHSからは 045-651-4788

メールでのお問合せ

お見積依頼をいただいた方には、2015年版の解説資料を進呈

ISO9001/ISO14001 2015年版 改訂の背景

品質・環境・情報・・・マネジメントシステム規格が普及したが、問題意識も生じてきた

複数のマネジメントシステムによる規格間の混乱や不統一性

事業プロセスとの乖離(ダブルスタンダード化)や、ビジネス環境変化に対し、システムを追従させることが間に合わず、運用効果が出ない組織も

分野別の規格に応じた審査を目指すことも混乱を助長?

ISO9001/ISO14001 2015年版 改訂の方針

「共通部分の統一+目的別の独自の要求事項の追加」の形でISOマネジメント規格の整合性向上と全体マネジメントシステムとの一体化を促進

統合マネジメントシステムではなく、個々のマネジメントシステム規格の大きな改訂は不要

事業プロセスを踏まえた全体構成の明示。全体マネジメントシステムとの一体化を容易に

具体的な方法としてAnnex SLを改訂の業務用の指針として使用

ISO9001/ISO14001 2015年版 共通要素の新しい点

まとめ

●組織の内部・外部の環境の把握が追加され、経営マネジメントと一体化

●組織内外の課題、利害関係者のニーズや期待への取組みが要求事項に。意図した成果に対して、「リスクベースで考える」ということが明文化

●マネジメントシステムが事業プロセスに統合されることにより、リーダーシップを強化

●リスク対応を計画段階のプロセスに組み込む → 予防処置の発展的解消

●但し、文書化されたリスクマネジメントプロセスは要求されていない

旧版の認証書の有効期限

2015年版への移行の流れ

ご契約の方へ無料進呈!2015年版への移行準備がお客さま自身でできる「SmartQA用2015年版移行支援パック」に関する情報はこちら

お見積依頼をいただいた方には、2015年版の解説資料を進呈

全国同一全ての費用込み:あなたも今すぐお見積!

従業員数(半角数字):
  • 初期審査費用(新規取得の方のみ)

    {{price0_show|number:0}} 円
  • 1年目維持審査費用

    {{price2_show|number:0}} 円
  • 本審査/再認証審査費用

    {{price1_show|number:0}} 円
  • 2年目維持審査費用

    {{price3_show|number:0}} 円
  • 3年目総額(税抜)

    {{price_show|number:0}} 円
  • お見積書のご依頼はこちら
  • お見積からご契約までの流れ



Copyright © Smart QA. All rights reserved.